ストレスが影響する? | 自分のまんこが臭いと感じたら、どうすればいいの?

ストレスが影響する?

お腹

まんこが臭くなってしまう原因として、やはり多くなってくるのが「おりもの」です。
今回はおりもののニオイに関する話をしておきましょう。

まずおりものというのは、残念ながらストレスとも大きく関連してきます。
おりものの正体は一般的に支給の分泌物や老廃物などが混ざり合って作られるものとなっています。
このおりものは現れる時期によって状態が変化します。
たとえば月経が起こった直後だとその量は少なく、粘り気の少ないおりものが出ることが多いです。
排卵する前は徐々にその量が増えていくようになり、そこからクリーム色のおりものが出てくるようになります。
また排卵期になるとさらにおりものが増量するようになり、そこから卵の白身みたいな透明なおりものが出てきます。
排卵が終了したら徐々におりものが減り始めて、色も白濁していきます。

これがおりものが増えたり減ったりする一連の正常な流れになりますが、場合によっては魚やチーズのような香りがする場合もあるでしょう。
もしそんなニオイを感じるようなことがあれば、それは間違いなくストレスが原因だといえます。
おりものというのはその人の体調を知ることができるバロメーターにもなっているので、おりものがいつもと違うと感じた場合は間違いなく原因が何かしらあるはずです。
そのひとつがまさにストレスということになります。

ちなみになぜストレスが影響するのかというと、ストレスを感じることによって女性ホルモンのバランスが崩れてしまうからです。
つまりそこからおりものにも変化が起こるので、結果的に臭いニオイを放つようになります。
もしストレスを感じている人は、心身を休めることを真剣に考えて生活してみてください。